LINE を使った受診日時のお知らせを一時的に休止しています。詳しくはこちらをご覧ください。

東京・銀座の心療内科・精神科・メンタルクリニック

オンライン
予約
お問い合わせ
アクセス
診療時間
精神医学

「性依存症」とは


性犯罪は「魂の殺人」と呼ばれるほど被害女性の心を痛めつけます。女性は自分の体が汚れてしまったと感じ、深い抑うつ状態に陥り、自殺企図に及ぶことさえもあります。にもかかわらず加害男性は悪びれることなく、犯罪を繰り返します。いや、悪いとは薄々分かっているけれど、止めることができず、繰り返してしまいます。この心理は「依存症」と言われるものです。

「性依存症者」は深いところで女性の心理を理解できず、女性を性の対象としか認識していません。社会生活や日常生活は普通に送っていても、いざ性のスイッチが入ると別人格が現れ、見知らぬ女性の下着を盗んだり、写真を撮影したり、車内で痴漢をしたり、暗闇で強姦したりするのです。その間、性依存症者は相手の気持ちや苦痛など考えず、ただただ快感を味わっています。

相手は性の対象「もの」であり「ひと」ではありません。すなわち「愛」のない行為です。そもそも「性」とは男女の「愛」を深めるための手段であるはずの行為ですが、性依存症者には「性」のみが目的となってしまい空回りしている、空しい行為と言えるでしょう。性依存症者のほとんどが独身者か、既婚者であってもセックスレスの仮面夫婦であることがほとんどのようです。

それでは、性依存症への治療はどうすれはよいでしょうか。これはまだ未開拓の分野であり、ガイドラインというものがありませんので、治療例をご紹介しましょう。まずはじめに自分自身が「性依存症」であるという自覚を有していただくことです。依存症というのはどうしても「否認」が生じ、なかなか自分の問題と向き合えないものです。そこで自分の犯してきた「依存の歴史」「自分史」にまとめていただきます。「年表」にしていただいてもよいでしょう。すると、依存の背景に隠されてた幼少期や思春期の悲しみや寂しさが思い出されます。これらが依存症の一因になっていたと気づかされることも少なくありません。

この生い立ちをもとに、できれば「内観療法」を受けていただきたいと思います。「お世話になったこと、して返したこと、ご迷惑をかけたこと」を幼少期から現在に至るまで母、父、兄弟姉妹、恩師、友人などあらゆる人たちに関して調べるのです。すると、どれだけ自分が皆から愛されながら、罪深いことをしてきたのか、自責の念にかられます。そして被害者をはじめご迷惑をかけた人々へ懺悔の気持ちにかられるようになるのです。集中内観後は日常内観を行いつつ、贖罪に努められるかはその方の反省によるでしょう。

最後に医療機関として、性欲を医学的に抑制することも行います。抗精神病薬である「ドーパミン遮断薬」を用いることにより、性欲は確実に治まります。問題は本人が服用に同意すること、適応外試用であることの倫理性です。これらを本人と十分に相談して用いることにより、性犯罪の再犯をなんとか防いでいる方もいらっしゃいます。性依存症は性犯罪と密接不可分の位置にある深刻な脳と心の病です。あらゆる手段を用いて防いでいかなければなりません。

この記事は参考になりましたか?

関連記事

PAGE TOP