東京・銀座の心療内科・精神科・メンタルクリニック

オンライン
予約
お問い合わせ
アクセス
診療時間
精神医学

「偏見」「差別」とは

「偏見」とは、ある種の事物、ことに特定の集団や個人に対して、客観的な事実の裏づけや合理的根拠が認められないのに人々が示す非好意的な偏った態度、信念ないし意見のこと。「妄想」は個人的、「了解不能」な内容のことが多いですが、「偏見」は集団的で、「了解可能」です。

「偏見」は、特定の人々や集団を不当に低く評価し、さらに排除することもある「差別」という言動へ結びつきやすいです。偏見や差別と関連する「スティグマ Stigma」とは、他者や集団から押し付けられた、ぬぐいがたいほどの否定的・価値観、社会的「烙印」のことです。「セルフ・スティグマ」とは、本人が自分に対し、否定的な価値観を抱くこと、「自己肯定感・自尊心の低下・うつ状態」と強く相関しています。

これらを少しでも軽減・解消するには、客観的な事実をよく知る、特定の集団や個人と実際に関わることが必要です。

この記事は参考になりましたか?

関連記事

PAGE TOP