診療内容

Menu

ストレス・コーピング Stress-Coping

次に、記録から発見された問題と対処行動を列挙し、
ご自分の「ストレス・コーピング(ストレスへの対処行動)」をチェックしましょう。

22歳/女性/大学生
日時 問題 対処 結果 提案
2007.8.5 20:30 彼氏から返信が
来ない
過食・嘔吐
約2000円
後悔、罪悪感、自己嫌悪
など
頓服を飲む
友達に話す

不安や抑うつは適切なコーピングにより改善することが認められています。
特に不安に関しては以下のように説明されています。

不安=危険/対処+援助

この式のように、危険があっても、対処や援助が十分に備われば、不安は小さくなるわけです。
コーピングは以下のように分類されます。

コーピングには上記のように健全なものもあれば、病的なものもあります。病的なものとしては、過食・嘔吐、リストカット、大量服薬といった自傷行為、暴言・暴力といった他害行為などがあります。病的な対処行動は避けるべきで、より健康的・成長的な思考・行動を身につけましょう。

以上、ストレス・コーピングについて概説いたしました。ご自分の生活や行動・思考などを客観的に観察して、より現実に適応した対処・方法を模索する試みです。と言いましても、なかなか一人で行うのは困難でしょう。特に、不安感や抑うつ気分の強い時は、論理的・理性的な思考をしづらいものです。銀座泰明クリニックでは、必要に応じ、これらの心理的な治療を皆様とご一緒に行ってまいります。詳しくは主治医とご相談ください。どうぞ宜しくお願い致します。

Check those issues and coping behavior that you discover from the log with “Stress-Coping”.
It is acknowledged that appropriate coping is remedy from anxieties and depression

Anxiety can be described by the below:

Anxiety = Risk / Coping + Support

For risks like the above formula, one can minimize this anxiety with sufficient coping and assistants.

The categories of Stress-Coping are as below:

Problem focused coping
1. Solve one`s own and surrounding problems
2. Situation where the condition is controllable
3. Clarification of the problem, information collection, and execute the solution

Emotion focused coping
1. Reduce stress associated with emotional distress
2. Situation that is uncontrollable
3. Avoidance, wait and see, diversion etc.

In addition to the above sound behavior, coping can also include pathological behavior. Pathological behavior consists of self-injury such as over-eating, vomiting, wrist cutting, overdose, and injury to others (physical and verbal abuse). It is important to avoid pathological behavior by maintaining a forward-looking way of thinking and behavior.

  • ホーム
  • 診療内容 - ストレス・コーピング Stress-Coping

〒104-0061 東京都中央区銀座5-1-15-5階

  • facebook
  • Twitter
ページ
トップ
ツールバーへスキップ