ストレス・コーピング

ホーム > 診療内容 > ストレス・コーピング
インターネット予約はこちら

ストレス・コーピング

次に、記録から発見された問題と対処行動を列挙し、
ご自分の「ストレス・コーピング(ストレスへの対処行動)」をチェックしましょう。

【ケース、22歳、女性、大学生】

日時 問題 対処 結果 提案
2007.8.5
20:30
彼氏から返信が
来ない
過食・嘔吐
約2000円
後悔、罪悪感、
自己嫌悪など
頓服を飲む
友達に話す
         
         
         

不安や抑うつは適切なコーピングにより改善することが認められています。
特に不安に関しては以下のように説明されています。

不安=危険/対処+援助

この式のように、危険があっても、対処や援助が十分に備われば、不安は小さくなるわけです。
コーピングは以下のように分類されます。

コーピングには上記のように健全なものもあれば、病的なものもあります。病的なものとしては、過食・嘔吐、リストカット、大量服薬といった自傷行為、暴言・暴力といった他害行為などがあります。病的な対処行動は避けるべきで、より健康的・成長的な思考・行動を身につけましょう。

以上、ストレス・コーピングについて概説いたしました。ご自分の生活や行動・思考などを客観的に観察して、より現実に適応した対処・方法を模索する試みです。と言いましても、なかなか一人で行うのは困難でしょう。特に、不安感や抑うつ気分の強い時は、論理的・理性的な思考をしづらいものです。銀座泰明クリニックでは、必要に応じ、これらの心理的な治療を皆様とご一緒に行ってまいります。詳しくは主治医とご相談ください。どうぞ宜しくお願い致します。

より詳しい内容を知りたい方は、
以下の書籍等をご参照ください。

「精神科地域ケアの新展開‐OTPの理論と実践」
水野雅文・村上雅昭・佐久間啓編、星和書店

「うつ・不安ネット」
こころが軽くなる認知行動療法活用サイト

大野裕発案/監修

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 
  • Clip to Evernote