診療内容

Menu

内観療法


「吉本伊信」らが1940年代に開発した自己観察法です。「悟り」(宿善開発、転迷開悟、一念に遭う、など)を開くことを目的とし、いかなる境遇にあっても感謝報恩の気持ちで幸せに日暮らしできる」ために行います。

内観者は6泊7日の「集中内観」を基本とし、内観研修所に宿泊し、「内観三項目」「お世話いただいたこと」「して返したこと」「ご迷惑かけたこと」を母からはじめ、父、兄弟姉妹など、これまでの人生に関わった方々を順々に調べ尽くします。朝6時から夜9時まで、トイレやフロの時間も「1分1秒、惜しんで内観する」。その間、面接者が1-2時間おき、1日に8-10回、約5分の面接を繰り返します。

これにより、人生の不安・苦悩・動揺などから逃げず、目をそらさず、むしろ不安・苦悩・動揺に沈潜し、「生の実相」を覚知します。そして、自分の外部にある富や名誉・社会的地位、そして死などに対し、いわば「無関心」の態度を堅持することで、「自由」と「心の平静」を得ることができるのです。

川原隆造、黒川由紀子、兼子幸一:記憶と精神療法-内観法と回想法-、新興医学出版社、東京、2004 (改変)

内観療法の治療機序に関しては上図が分かりやすいでしょう。内観三項目を想起し、主観的および客観的に自己観察(セルフ・モニタリング)を行うことにより、「自己発見」へ至ります。その際、母性的な「恩愛感」の庇護のもとに父性的な「自責感」を深めることで、「我執から解放」されることを特徴とする、東洋・日本ならではの心理療法です。

 

自己発見の会

週のはじめに – 吉本伊信

集中内観の初日・食事の時に流れる恒例の放送です。
吉本伊信の肉声です。是非ご試聴くださいませ。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-1-15-5階

  • facebook
  • Twitter
  • Twitter
ページ
トップ