診療内容

Menu

デイナイトケア

デイナイトケアとは、患者さんの生活や社会機能を回復し、社会復帰を支援する施設です。「銀座泰明クラブ」では患者さんより直接ご要望をうかがい、診療情報の共有、速やかなサービス提供、参加条件の緩和などに努めております。「銀座泰明クラブ」は「銀座泰明クリニック」に併設しておりますため、このような問題を生ずることなく、円滑な連携を図っております。

それでは具体的なプログラムをご紹介しましょう。まず、頭と体を「活性化」しましょう。これまで精神科の治療は「休む」ことが第一とされてきましたが、休んだ後はリハビリテーションとし「動く」ことが必要です。無理ない程度、頭と体へ刺激を与えましょう。それには・・・

1.早寝早起
2.外出
3.運動
4.脳トレーニング
5.会話

次に、再燃を繰り返さないため、病気や人生の「振り返り」を行いましょう。一人で行うことは難しいため、同じ悩みを共有する方々と一緒に行うことがお勧めです。はじめは先輩の振り返りを見学し、「なるほどそうやるのか」と感心しつつ、真似てみましょう。これは「集団精神療法」に相当します(集団精神療法とは複数の患者さんが集まり、それぞれ抱える心の問題を話し合うことにより、問題を客観的に認識し、困難な状況を乗り越える方法や技能を身につけることを目指す治療法)。

このような生活を数ヶ月間、送っていくうちに、これまでの「ひきこもり」「昼夜逆転」の生活は確実に改善し、病気も「回復(リカバリー)」することでしょう。「継続は力です」と言いましても、気負わず、淡々と続けましょう。「雨だれ 石をも穿つ(うがつ)」とも言いますからね💧

デイナイトケア開催日時

デイケア
月・火・水・木・金・
10:00-16:00
ナイトケア
月・火・水・木・金
16:00-20:00

復職や就労を目指す方へはリワーク」をご紹介しましょう。リワークとは ”Return to Work” の略語です。気分障害などの精神疾患を原因として休職している労働者に対し、職場復帰に向けたリハビリテーションを実施する機関で行われているプログラムです。具体的には下記の順序で行われます。

  • 十分な休養(自宅療養)
  • 規則正しい生活(早寝早起)
  • 適度な運動(有酸素運動)
  • 病気の理解(心理教育)
  • 人生の振り返り(自分史)
  • ストレスコーピング(問題解決・情動反応型)
  • アンガーマネジメント(歩行・深呼吸・客観視)
  • 認知行動療法(認知再構成、リフレーミング)
  • 認知機能リハビリテーション(Neuropsychological Rehabilitation)
  • 通勤練習・復職訓練(人事部・産業医との合意

リワークはいつ行っていいものでもありません。上図のように、「回復」時期、もしくは「寛解」時期、すなわち服薬しつつも抑うつ症状はほぼ消退しており、睡眠・食事は摂れ、多少のストレスを生じても動じない時期にはじめるのが適切です。


週末は「銀座泰明アカデミー」として、これまで「常識」とされてきた「恋愛」「結婚」「仕事」「人生」などを
「学問」として「生物心理社会学」から学際的に学びます。

参加希望者は、銀座泰明クリニック「受診時」に、お問い合せ下さいませ!

  • ホーム
  • 診療内容 - デイナイトケア

〒104-0061 東京都中央区銀座5-1-15-5階

  • 銀座泰明クリニック
  • facebook
  • Twitter
  • Twitter
ページ
トップ