心理教育

Kyoiku

21世紀を迎え、精神医学・医療は劇的な変化を遂げました。20世紀までは、重症の精神病の患者さんを中心とした、隔離・収容型の精神医療でした。21世紀になり、不眠・不安・うつ病・躁うつ病など軽症・中等症の患者さんを中心とした、都市型・地域医療へと転換しました。

これにより、患者さん方々の受療姿勢も変わりました。それまでの受動的な姿勢から、能動的に医療を求める姿勢に変化ました。その象徴がインターネットやスマートフォンにより積極的に知識や情報を得て、より良い治療を求めようという積極的な姿勢です。

「心理教育」とは、精神疾患を抱える患者さん本人および家族に対し、エンパワーメントおよび対処方法をお伝えする患者・家族教育です。 多くの場合、統合失調症、うつ病、不安障害、慢性疾患、摂食障害、パーソナリティ障害の方々へ実施しております。

「心理教育」の目的は、受講者に、ご自身の疾患とより良い対処方法を学んでもらうことです。さらに、ご自身のキャパシティ、利用可能なソーシャル・リソース(社会的資源)、ストレス・コーピングなどを強化、そして長期的な健康と福利を高めることでもあります。

「銀座泰明クラブ」で行われている「心理教育」の詳細なご案内は、各講義をクリックしてご照覧くださいませ。

心理学講義 (毎週・水曜14時から)

「公認心理師(国家資格)」による患者さんへの特別講義を実施しております。参加ご希望の方は、デイケアへご予約をお願いします。

精神医学講義

精神科専門医精神医学について網羅的にご説明しました。過去に行った講義のスライドを公開しております。

精神医学講義・各論 (毎週・月曜10時から)

精神医学講義の内容を踏まえて、特に患者さんの具体的な症状や治療に焦点を当てながら講義を行います。参加ご希望の方は、デイケアへご予約をお願いします。また、YouTubeによる講義のライブ配信・アーカイブ配信も行っております。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-1-15-5階

  • 銀座泰明クリニック
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • YouTube
ページ
トップ
ツールバーへスキップ