よくある質問

Q&A

酒を飲むと記憶をなくす

酒を飲むを記憶をなくすことが時々あります。問題を起こしたこともあれば、何事もないこともあります。妻からはこれ以上、問題を起こしたら大変な警察沙汰になると言われています。具体的にはお店の看板を壊したり、他のお客さんと喧嘩をしたりしました。看板は弁償しました。喧嘩は後日謝罪して大事になりませんでした。これは病気なのでしょうか。酒は止めた方がよいのでしょうか。(34歳、男性)

「酒は百薬の長、社会の潤滑油」と言われたのは今は昔。昨今では様々な精神・身体の疾患および事故や事件の誘因として問題視されています。その被害額は健康領域で年間1兆226億円、事故や犯罪で年間約283億円、そして労働や雇用の損失は年間3兆947億円、計4兆1483億円(2008年、厚生労働省)に上ると算出されています

さて、アルコール症、アルコールによる精神および行動の障害ですが、下記のように分類されます。「単純酩酊」、すなわち「酔っ払い」は誰でもなりうる、害のない、気持ちのよい酔いですね。ところが、「異常酩酊」から趣を異にします。「複雑酩酊」は酒癖が悪い様相、からんだり、くだをまいたり、説教したり、ちょっと不愉快な方々ですね。

そして、本題の「病的酩酊」です。もとの人格と質的に異なる「興奮」を示し、「健忘」を残します。犯罪で責任の有無が問題になります。今回のご質問もこの「病的酩酊」に相当するでしょう。「病的」ですから、飲酒は避けられることが望まれます。ご自分の記憶のないところで、犯罪行為を行うこともあります。

昨今、一流大学の男子学生が信じられない猥褻事件を起こしたことは記憶に新しいです。それらが「病的酩酊」により行われていたのかは定かではありませんが、「前頭葉・前頭前野」で判断したこととは決して思えない行為です。明らかにアルコールが脳機能を障害したことは間違いないでしょう。つきましては、ご相談者は、医師の援助のもと「断酒」を行うことをお勧め致します。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-1-15-5階

  • facebook
  • Twitter
ページ
トップ
ツールバーへスキップ