よくある質問

Q&A

うつ病による悪循環の解消法


精神科のくすりに抵抗感をもっている方もいるかもしれませんが、うつ病も体の病気と同じようにくすりによる治療で、脳の異常を修正することが必要です。うつ病には「抗うつ薬」という種類のくすりが有効です。

「現実の受け取り方」や「ものの見方」を「認知」といいますが、認知に働きかけて、こころのストレスを軽くしていく治療法を「認知療法・認知行動療法」といいます。認知には、何かの出来事があったときに瞬間的にうかぶ考えやイメージがあり「自動思考」と呼ばれています。「自動思考」が生まれるとそれによって、いろいろ気持ちが動いたり、行動が起きたりします。ストレスに対して強いこころを育てるためには「自動思考」に気づいて、それに働きかけることが役立ちます。

http://www.cocoro-h.jp

 

〒104-0061 東京都中央区銀座5-1-15-5階

  • facebook
  • Twitter
ページ
トップ
ツールバーへスキップ