よくある質問

Q&A

迷走神経反射とは

 

 

 

 

 

迷走神経反射とは、迷走神経(第Ⅹ脳神経・副交感神経)の過活動により、徐脈・脳血流の低下を経て意識消失(失神)を生じます。
ほか、頭痛・吐気、めまい・ふらつき、あくび等も生ずることがあります。

誘因である、強い痛み、長時間の立位・運動、そして心理的なストレスなどを回避し、安全・安心な環境に身を置くことが第一です。

医療環境においては、採血・注射時の針刺しにおいて、不安・緊張、恐怖を覚え、最後に痛みを生じた際、顔面蒼白、全身脱力となり、そばの椅子やベッドに倒れ込む姿が時々、見受けられます。針刺しが大変苦手な場合、事前準備として、施行者へ伝え、不安や痛みを取り除くため、心身へのケアを行ってから施行することが望まれますね。

〒104-0061 東京都中央区銀座5-1-15-5階

  • 銀座泰明クリニック
  • facebook
  • Twitter
  • Twitter
ページ
トップ
ツールバーへスキップ